プレシオサウルス 生き残り

公開日: 23.08.2021

ネッシー(英: Nessie)は、イギリス、スコットランドのネス湖で目撃されたとされる、未確認動物「ネス湖の怪獣 (the Loch Ness Monster、ロッホ・ネス・モンスター)の通称。未確認動物の代表例として世界的に知られ、20世紀最大級のミステリーとして語られてきた。 引用元: ネッシー - Wikipedia. ちなみに子どもは2人とも男です。 そんな私が子どもの頃から変わらず好きな恐竜は、首長竜の「プレシオサウルス」です。 恐竜好きだとティラノサウルスやトリケラトプスなどのメジャーな恐竜が好きなのかと思われますが、なんと言っても「プレシオサウルス」が私の中でのナンバーワン恐竜です。.

多数の目撃例により長きに渡って物議を醸しだしてきたネッシーも、昨年にはついにその存在を否定する研究報告が発表されました。 年9月5日にニュージーランドのオタゴ大学の研究者が、ネス湖のネッシーについて以下の報告をしております。. ネッシー(英: Nessie)は、イギリス、スコットランドのネス湖で目撃されたとされる、未確認動物「ネス湖の怪獣 (the Loch Ness Monster、ロッホ・ネス・モンスター)の通称。未確認動物の代表例として世界的に知られ、20世紀最大級のミステリーとして語られてきた。 引用元: ネッシー - Wikipedia. そんな「ネッシー」と「プレシオサウルス」ですが、 オタゴ大学の研究報告よりも前から 「ネッシー」の正体が「プレシオサウルス」の生き残り説を覆すとも言える程の決定的な違いが私の中ではありました。.

また、米国テキサス州のパルクシー川流域には、干し上がった石灰質の川原に、「恐竜と人類の 足跡 の交差した」化石が、何か所も発見されています。. マンモスの姿も、古代の人間が 描いた岩絵に記されている。.

" ". ……  41  113  1.     .

一方、空を飛ぶ恐竜も人々に目撃されています。  古代ギリシャの歴史家で探検家でもあるテオドトスは、エジプトで空を飛ぶ爬虫類を見た、と書物に記しています。「へびのような体で、コウモリのような羽を持っていた」とはっきり記しているのです。これは 、タンフォリンクス によく似ています。. 引用をストックできませんでした。再度お試しください 閉じる. 読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる.
  • ニジェールで発見された恐竜 ウーラノサウルス・ニゲリエンシスは、 炭素14法で数万年前と出た。. ただ、有力証拠とされてきた静止画や動画のすべてが本物とはかぎらない。近年、コンピューターを用いた解析などによる再調査が行われ、ボート、ボートの航跡、流木などの浮遊物、水鳥の群れ、波……などだったと判明したものもあるし、なかには捏造写真もある。「外科医の写真」と通称されている写真はその典型例だ。  年4月1日、イギリスの外科医(実際は産婦人科医)のロバート・ケネス・ウィルソンがフォート・オーガスタ付近で撮影したと主張した静止画で、イギリス最古のタブロイド紙「デイリー・メール」に掲載されて大きな話題を呼んだ。首長竜を想像させずにはおかない長い首が鮮明に写っており、長らくネッシーの代表的写真として知られてきた。  ところが、年11月、ウィルソンの知人クリスチャン・スパーリングが死の間際に捏造写真であることを告白。翌年3月、「サンデー・テレグラフ」紙がその事実を報道し、それを受けて世界中のメディアが大々的なネッシー否定論を展開した。  わずか1枚の捏造写真だけですべてを否定する、というおおいなる誤謬を犯したのだが、現在もなおメディアが流布させた否定論を信じている人も少なくないようだ。.
  • そのほか、ヨーロッパのアングロサクソン年代誌にも、 空飛ぶ爬虫類 の目撃記録があります。一六四九年のスイスの山でも、 空飛ぶ爬虫類 の発見が報告されています。  このように、恐竜は大洪水後もしばらくのあいだ生存し、ある種のものはつい最近まで生きていた、と思われます。  中国や、スカンジナビア、また他のヨーロッパ諸国等には、「竜」伝説が数多くあります。その「竜」として描かれた動物には、様々の形がありますが、その多くは、恐竜の姿に非常によく似ているのです。  世界の「竜」伝説の多くは、人類の恐竜の記憶をもとに、後世の人々の脚色が加わって出来上がった、と思われます。                                   久保有政 著 (レムナント年4月号より).

ドイツの三畳紀最末期の地層から、世界最古の首長竜の骨格化石が発見された。研究チームが新種と判断し「ラエティコサウルス・メルテンシ」と命名した。

ネッシー(英: Nessie)は、イギリス、スコットランドのネス湖で目撃されたとされる、未確認動物「ネス湖の怪獣 (the Loch Ness Monster、ロッホ・ネス・モンスター)の通称。未確認動物の代表例として世界的に知られ、20世紀最大級のミステリーとして語られてきた。 引用元: ネッシー - Wikipedia. 未確認動物UMAネス湖のネッシーはプレシオサウルスの生き残り? ネッシー最初の目撃は今から年以上前! そもそもネッシーの正体は恐竜ではない? あんスタ 3a ストーリー ネッシーとプレシオサウルスでは大きさが違いすぎる! なんと!プレシオサウルスは恐竜ではない! これからも化石の調査や研究により恐竜の定説は変わって行く. あわせて読みたい www. また、米国テキサス州のパルクシー川流域には、干し上がった石灰質の川原に、「恐竜と人類の 足跡 の交差した」化石が、何か所も発見されています。.

メキシコ・アカンバロで発掘された恐竜土偶。 年代測定により、今から約4500年前のものと推定された。 まさに恐竜の形をしているのがわかる。 恐竜は、4500年前にも生きていた!?. 同年4月14日午後3時ごろ、湖岸のドラムナドロシットでホテルを経営するジョン&ドナルディ・マッケイ夫婦がネス湖の北西岸を散歩中、ふたつのコブを持ち、周囲に波紋を生じさせながら湖面を移動する黒い怪獣を目撃。この目撃事件が、ネス湖の湖水監視人で地元紙「インパネス・クーリエ」の現地通信員でもあったアレクサンダー・キャンベルによって記事化され、5月2日付の同紙に掲載されたのをきっかけに、現代へとつづくネッシー騒動ははじまった。  同年11月12日には、フォイヤーズ川がネス湖に注ぐあたりの湖岸を歩いていたヒュー・グレイが初めて写真撮影に成功する。その写真は、ネガに修整の痕跡はない、というコダック社研究員の鑑定結果を付して、12月6日付の「デイリー・レコード」紙に掲載された。.

  • 米国テキサス州の恐竜足痕 (そっこん)  発掘現場で、恐竜の巨大な足跡  の中で無心に遊ぶ子ども。. そのほか、ヨーロッパのアングロサクソン年代誌にも、 空飛ぶ爬虫類 の目撃記録があります。一六四九年のスイスの山でも、 空飛ぶ爬虫類 の発見が報告されています。  このように、恐竜は大洪水後もしばらくのあいだ生存し、ある種のものはつい最近まで生きていた、と思われます。  中国や、スカンジナビア、また他のヨーロッパ諸国等には、「竜」伝説が数多くあります。その「竜」として描かれた動物には、様々の形がありますが、その多くは、恐竜の姿に非常によく似ているのです。  世界の「竜」伝説の多くは、人類の恐竜の記憶をもとに、後世の人々の脚色が加わって出来上がった、と思われます。                                   久保有政 著 (レムナント年4月号より).
  • 未確認動物UMAネス湖のネッシーはプレシオサウルスの生き残り? ネッシー最初の目撃は今から年以上前! そもそもネッシーの正体は恐竜ではない? 近年の研究報告ではネッシーの存在そのものが否定された! ネッシーとプレシオサウルスでは大きさが違いすぎる! なんと!プレシオサウルスは恐竜ではない! これからも化石の調査や研究により恐竜の定説は変わって行く.

dragon      .  UMA DNA.    .                                         4.

com www. 恐竜を見た人々  さらに、ある種の恐竜は大洪水の頃までではなく、さらにもっと最近まで生きていたと思える証拠もあります。  人類の古い記録の中に、しばしば、恐竜としか思えない動物の目撃記録が数多く記されているのです。『恐竜のなぞ』 (SAVE新日本視聴覚伝道刊) というビデオに、次のようなことが紹介されています。  紀元前四世紀に、ギリシャのアレクサンドロス大王がインドのある町を征服したとき、大王は、その町の人々が、洞窟に棲んでいるある巨大な爬虫類を神として拝んでいるということを聞いて、その動物を調べにいきました。  すると、それは 三〇メートルもある巨大な動物 で、鼻息が荒く、その姿の恐ろしさに兵隊たちも驚き、おののいたと記されています。三〇メートルもある動物といえば、 ウルトラサウルス のような恐竜を思い起こさせます。.

また、米国テキサス州のパルクシー川流域には、干し上がった石灰質の川原に、「恐竜と人類の 足跡 の交差した」化石が、何か所も発見されています。.

21    311STV.

恐竜好きな2児のオヤジの雑記ブログ

多数の目撃例により長きに渡って物議を醸しだしてきたネッシーも、昨年にはついにその存在を否定する研究報告が発表されました。 年9月5日にニュージーランドのオタゴ大学の研究者が、ネス湖のネッシーについて以下の報告をしております。. 引用をストックできませんでした。再度お試しください 閉じる. テオドトスの見た空飛ぶ 爬虫類とは、タンフォリンクス?. 恐竜は最近まで生きていた 恐竜はなぜ絶滅したか。. ニジェールで発見された恐竜 ウーラノサウルス・ニゲリエンシスは、 炭素14法で数万年前と出た。.

  • スコットランドのネス湖のネッシー伝説は、今からさかのぼること年以上前の西暦年に記された「聖コロンバ伝」に見られる、水棲獣との遭遇が最初と言われております。 ネス湖は、イギリス・スコットランド北部ハイランド地方にあるイギリス最大の湖で、長さが約35キロメートル、幅約2キロメートルの非常に細長い湖で水深は最大で約メートルもあります。 年以降には、そのネス湖でネッシーの目撃が多くみられるようになり、写真や映像による目撃報告によって世界中にネス湖の怪獣伝説は広まりました。 そしてネッシーは、スコットランドにあるネス湖に棲息する UMA(未確認動物) として、年代に一大ブームを巻き起こしました。.
  • また、米国テキサス州のパルクシー川流域には、干し上がった石灰質の川原に、「恐竜と人類の 足跡 の交差した」化石が、何か所も発見されています。.
  • 恐竜を見た人々  さらに、ある種の恐竜は大洪水の頃までではなく、さらにもっと最近まで生きていたと思える証拠もあります。  人類の古い記録の中に、しばしば、恐竜としか思えない動物の目撃記録が数多く記されているのです。『恐竜のなぞ』 (SAVE新日本視聴覚伝道刊) というビデオに、次のようなことが紹介されています。  紀元前四世紀に、ギリシャのアレクサンドロス大王がインドのある町を征服したとき、大王は、その町の人々が、洞窟に棲んでいるある巨大な爬虫類を神として拝んでいるということを聞いて、その動物を調べにいきました。  すると、それは 三〇メートルもある巨大な動物 で、鼻息が荒く、その姿の恐ろしさに兵隊たちも驚き、おののいたと記されています。三〇メートルもある動物といえば、 ウルトラサウルス のような恐竜を思い起こさせます。.
  • あわせて読みたい www.

. 352.    .  75  NASA  562.

ネッシーの最古の写真『外科医の写真』の信憑性に物言い!

それを裏づけるように、21世紀になってからも目撃報告や写真撮影は相次いでいる。  年=地元の観光船のジョージ・エドワードが、アーカート城跡近くの湖面に浮かぶ巨大生物の一部を写真撮影。  同年=造園設計家のリチャード・プレストンがネス湖北東岸アルドゥリー城跡で作業中、湖面に浮かぶ3つの白いコブを目撃して写真撮影に成功。写真は11月にスコティッシュ・テレビジョン(STV)の報道番組で放映された。. アメリカ・インディアンのスー族の先祖も、空飛ぶ恐竜を見たことがあるようです。スー族の先祖たちは、雷のなりわたるある日、空中で雷にうたれて空から落下するある巨大な鳥を見ました。  数日後、そこへ行ってみると、その巨大な鳥の遺骸が横たわっていました。その鳥は、足と翼の両方に大きなつめがあり、長く尖ったくちばしを持ち、頭には長いとさかのような骨がありました。そして翼を伸ばした全長は、約六メートルもあったのです。  この特徴は、まさに プテラノドン と完全に一致します。以後スー族の人々は、その鳥をサンダーバード (雷の鳥) と呼び、その話はインディアンの伝説として語り継がれるものとなったのです。.

未確認動物UMAネス湖のネッシーはプレシオサウルスの生き残り? ネッシー最初の目撃は今から年以上前! 不思議なモノノケ庵 新刊 近年の研究報告ではネッシーの存在そのものが否定された! ネッシーとプレシオサウルスでは大きさが違いすぎる! なんと!プレシオサウルスは恐竜ではない! これからも化石の調査や研究により恐竜の定説は変わって行く.

UMA. dragon       .

同様の出版物:

ディスカッション:コメント 1

  1. Mikazuki:

    そんな「ネッシー」と「プレシオサウルス」ですが、 オタゴ大学の研究報告よりも前から 「ネッシー」の正体が「プレシオサウルス」の生き残り説を覆すとも言える程の決定的な違いが私の中ではありました。.

    答える

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。